アクション映画情報

肉体の維持にかかるコストを考える

 

アクションスターの肉体の維持費は年間300万円!?

 

アクションスターの肉体の維持費はいったいいくらなんだろうか?すごく疑問になっていろんな雑誌などの情報を集めてみると意外な事実がわかる。

 

しっかりした食生活、ビタミン剤、スポーツジム代、トレーナー代、スポーツ用品など、肉体維持をするためには、全部でだいたい年間300万円かかってしまう。

 

特に肉体の維持にかかせないのが、スポーツジムとビタミン剤だ。これは本当にお金がかかる。スポーツジムと言ってもアクションスターとなるとプライベートな会員制のスポーツジムで肉体を鍛えることになるし、ビタミン剤も年齢にあわせて最新の高価なものが必要になる。

 

プライベートなジムには、トレーナーも専属で必要だ。食事だって自分でカロリー計算されたものは作れないから、専属のシェフに作ってもらうことになる。

 

そうやって考えると肉体維持にかかるコストは、どれだけ安く見積もっても年間300万円はかかるはずだ。

 

もちろん、3食はこの300万円の中に含まれているわけだから、食費は、うくわけだけど、普通のサラリーマンには、この300万円のコストを払うことは、金銭的にも時間的にも難しい。

 

それに、最近は、精神的なストレスを取り除くために、いろいろな精神療法までアクションスターは取り入れている。

 

人が言わない真実を書くと、ジャンクロードバンダムなどが代表例だが、1980年代に大スターだったアクションスターたちが、1番苦しんでいるストレスが、離婚などの訴訟ストレスだ。

 

これはアクションスターだけではないプロレスラーのハルクホーガンなども離婚訴訟で多額の慰謝料ととられてしまっている。

 

だから、不倫調査のプロの探偵などが彼らの周囲にはたくさんいてそういう人間たちからうける精神的なストレスは強大だ。アメリカの不倫調査会社などはスパイ工作員のような人間がたくさんいて彼らから逃れてプライベートを確保するだけでも非常にたいへんになっている。

 

日本の不倫調査会社もとても優秀な人たちばかりだがこの店はやはりアメリカが本場だと言えるだろう。